錠剤

変形性膝関節症の患者は年々増えている|食事から改善していこう

日頃からの関節痛予防

サプリメント

変形性膝関節症は若い人が発症することもありますが、高齢者に多い病気です。軟骨がすり減ることによっておこるので、サプリを使って軟骨成分を補充できれば根本的治療になります。人気のサプリは有効成分が多いだけでなく、純度が高く吸収力が高い特徴があります。

Read More

老化する関節と軟骨

膝

中高年の多くが悩む変形性膝関節症ですが、膝に負担がかからないように過剰な運動や履物は避ける必要があります。サプリメントの摂取が変形性膝関節症の発症率が高い中高年に人気の理由は、気楽であり継続しやすいためです。

Read More

サプリメントで予防や緩和

健康補助食品

変形性膝関節症は軟骨が減ってしまうことが原因で発症しています。軟骨を生成するグルコサミンは年々体内から減少してしまうためにサプリで補充してあげる必要があります。過剰摂取がなければグルコサミンは非常に安全な成分です。製造元に注意して信頼のおける商品を飲み続けて下さい。

Read More

アルギニンのサプリの効果

膝

疼痛軽減に繋がります

変形性膝関節症は高齢者に多発する疾患なので、高齢化社会の日本では患者数が多くなっています。そうした変形性膝関節症への対策として、人気になり始めているのが、筋肉増強効果のある栄養素です。変形性膝関節症の治療では、よく大腿四頭筋の筋力増強訓練を行います。大腿四頭筋は膝関節への衝撃を緩和してくれるので、増強すると疼痛軽減に役立ちます。この大腿四頭筋の筋力増強訓練を、より効率の高いものにしてくれる栄養素がアルギニンです。アルギニンに筋力増強効果があるのは、テストステロンの分泌を促進してくれるからです。テストステロンは男性ホルモンであるために、筋力増強効果があります。こうした特徴からアルギニンは、変形性膝関節症の疼痛軽減に繋がるのです。

脂肪を少なくできます

このようなアルギニンは、一般の食品からも摂取することができます。例えば牛肉には、アルギニンが豊富に含まれています。しかし日本人は欧米人とは異なって、脂肪の多い霜降り肉を好んで食べる傾向があるのです。このような日本人の好みは、牛肉に限らずほかの種類の肉にも共通しています。その点で高齢者になると、高血圧や高脂血症などの生活習慣病を患っていることが多いのです。高血圧や高脂血症などの生活習慣病には、脂肪の多い食品の摂取を控えることが指導されています。そのため高齢者の変形性膝関節症には、脂肪の摂取を少なくしてアルギニンを摂取することが必要です。この点においてアルギニンのサプリを摂取すると、変形性膝関節症の疼痛軽減に繋がります。